ダイエットしたいが、私は『運動嫌い・面倒くさがり・3日坊主』の3つを極めているなんて人でも大丈夫

この5つをすれば痩せられるかも? 

http://www.irishballoonchampionships.com/

1つ目・コマメに動く

運動量を増やすということは、美しく痩せ、太りにくい体質を目指す上では無視できません。「ジムに通う」「ジョギングをする」などありますが、まぁ嫌いな人のほうが多いですね。
そこで、日常生活でコマメに動いていきましょう。たとえば、駅でエスカレーターと階段を見たら、もう迷わず階段に行きましょう。

2つ目・大掃除の日を作る

部屋を片付けて、掃除機をかけるだけではなく、雑巾がけや窓拭きなどの本格的な掃除を行います。全身を使うので、筋肉痛になることもあるほどです。

毎日拭き掃除をするのは大変ですが、週に1回と決めることで、ストレスなく続けることができています。

3つ目・姿勢を整える

以前「猫背になるのは筋力が弱いからで、ずっと猫背のままでいると、ぽっこりお腹になる」という話を聞いたことがありました。ふと、その話を思い出し、筋トレするつもりで猫背を徹底的に矯正するように意識しました。

4つ目・食べたものをメモする

書き出すのは億劫ですが、「空腹を我慢したり、運動したりするよりマシ」と思うのなら、挑戦してみましょう。

コツは「ざっくりでいいから、とりあえずカロリーを計算してみる」「大体把握できれば十分」と、軽い気持ちで取り組むことが継続の秘訣です。

摂取カロリーの計算を完璧にしなくても、自覚していない食生活の乱れに気づき、「これくらい大丈夫」と思っていた間食が想像以上に高カロリーであったことを知ることができるかも!?

5つ目・食事・間食前に「本当に食べたいか」自問自答する

食事や間食の前に「今から食べようとしているものを、自分は本当に欲しているかどうか?」を自問するようにします。

「帰宅したら、テレビを見ながらお菓子を食べる」という行動が習慣化していて、本当は食べなくても平気なのに、なんとなく食べてしまっているだけかもしれません。

つい食べすぎてしまうとき、毎日の間食がやめられないとき、食べる前に一度自問自答してみるだけでも、食生活の改善につながります。

まとめ

ここまで書いていきましたが、大事なのは無理せずに続けることです。

「痩せるための工夫」を少しずつ増やして、生活習慣を改善していくだけでも、十分にダイエットになると思いますよ。